アコムでキャッシング!※はじめての借り入れでも不安解消

アコムのキャッシングは即日対応


リスト これから【アコム】むじんくんに行きますか? 借りられるか3秒診断!24h受付
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
リスト


キャッシングを即日で楽しみたい実現したい人や、スピーディーにお金を借り入れたい人にとって、非常に嬉しい存在といえばアコムのキャッシングが挙げられます。

アコムは消費者金融においても非常に大手な存在ですし、むじんくんと呼ばれる無人店舗によるお申込みや、スマホやPCを通じてのインターネットから行える契約など、実際に対人せず誰とも会うこと無く、こっそりキャッシングをしたい人にも嬉しいサービスが揃ってます。

無人店舗を活用した自動契約機からの申込であれば、夜でも契約を楽しめますし、その場で手軽に契約が完了するので安心です。

ネットから借り入れをする場合であれば、24時間いつでも契約可能ですし、本人確認も免許証などの書類を用意して撮影して送信すれば良かったりと、郵送不要かつ来店不要で、スピーディーに自分の口座へお金を振り込んで貰えるので、近所にアコムがない人や多忙な人も安心です。

アコムのキャッシングは返済も便利で、毎月少額ずつマイペースに返していくことが出来ます。 担保や保証人なども一切不要ですし、収入証明書など面倒な書類を揃える手間なく、思い立った時にいつでも便利に利用できます。

アコムのキャッシングは最初の借入であれば、30日間は無利息でお金を借り入れられるという点もメリットです。

一度契約をしてしまうと、限度額の範囲であれば後は何度でも自由にお金を借り入れたり返済することが可能ですし、コンビニのATMや提携している銀行のATMから利用することが可能です。

>>《スマホ》24時間OK!即日キャッシングも可能なアコムで申込みする

キャッシング会社を比較する際のポイントとは?

現在世の中にはたくさんのキャッシング会社が存在しています。そして各社新規の顧客獲得のために厳しい競争を繰り広げています。そのため、利用する側としてはたくさんのサービスがある一方で、どこのキャッシング会社を利用したらお得になるのかよくわからないという悩みもあります。

キャッシング会社を比較する際にどんな点に注目するとよいのでしょうか。 まず、最初に注目したいのは直接毎月の返済に関係する点です。それは金利です。実は、ほとんどのキャッシング業者は金利が同じです。しかし、その中でもプロミスだけは17.8%と、他社が18%なのに対して若干低く設定されています。金利を比較する時に気をつけたいのは下限金利ではなく、上限金利で比較することです。 キャッシングのように小額の融資であればほとんどは上限金利を適用するからです。

次に注目したいのは、無利息期間です。ほとんどのキャッシング業者は現在、無利息期間サービスを実施しています。とはいえ、各社微妙にサービス内容に違いがあります。それで、自分の返済プランにあわせてそこは比較する必要があります。

このように、キャッシング会社はどこも同じだと思いがちですが、実は各社それぞれ違いを出そうとしています。大切なのは自分の返済プランに一番合っている会社を探すことです。

本人確認は重要なものに

本当にその人が利用するのかを確認するために、本人確認が行われています。この確認をしないままキャッシングをすることは殆ど無く、会社が認めていない限りは本人確認をすることとなります。もし確認をしないで利用可能になってしまうと、犯罪目的で利用される可能性が非常に高くなってしまいます。それを会社側は避けるために、絶対確認を取っているのです。

この確認作業を行うことによって、本人であることを証明することとなりますが、多くは電話連絡によって実施されます。電話をかけて本人の口から、しっかりと個人情報を話してもらうことが確認作業となります。この確認によって、提示されている書類が正しいものと判断出来るので、問題が起きることが無くなるのです。もし間違っている部分があるなら、それについては何故違うのかを問いただし、本人では無いことを確かめています。

このように多くの確認をするために、会社側は連絡を入れます。キャッシングには本人確認が絶対に必要なこととなっており、この確認作業が終わらない限りは利用することができません。会社によっては確認作業を免除している所もありますが、大半は電話連絡によって確認して、それから発行手続きを行っています。

キャッシングの借入額には限度があります

よく消費者金融からお金を借りると返済が大変になるという話を聞きます。実際に消費者金融を利用している者からすると本当なのかなと少し疑問に思います。 もしかすると以前はそうだったのかも知れませんが現在では余程のことがない限り消費者金融からお金を借りたとしても返済が大変になるということはないような気がしています。

なぜなら現在の消費者金融では規制があるので幾らでもお金が借りれるということになっていないからです。消費者金融のキャッシングにはまず総量規制が適用されています。

これは年収の3分の1までしか借り入れ出来ません。年収が180万の方は60万円までしか借り入れができないのです。一社あたり60万円ではなく複数の消費者金融にまたがって60万円となりますので既に30万円を借り入れているとすると他の消費者金融から借り入れできるのは30万円までということになります。

借入額にかかる規制はこれだけではありません。その他にも借入限度額というものが利用者の信用にもとづいて消費者金融会社によって決められています。利用者の勤務形態や年収、在籍期間、借金の有無などによって借入限度額は消費者金融各社の独自のルールによって決められおり各社により若干の違いがあるようです。パートで働いている私の借入限度額は10万円となっています。このような規制は利用者が安易にお金を借りてしまい多重債務者になることを防ぐ目的があるようです。

中小貸金業者の利用には注意が必要!高金利での貸し付けもある!

キャッシングは、銀行や大手消費者金融、そして信販会社以外からも行うことが出来ます。

それは、中小貸金業者と呼ばれる地域性の高い貸金業者であり、インターネットの普及によりWeb契約を行い、銀行口座へ融資額を振り込むといったキャッシングを提供しています。しかし、このような貸金業者にはヤミ金ではないものの、悪徳と呼ばれる業者も含まれています。

そこで利用者が注意するポイントとしては、金利だけでなく、貸金業者としての登録情報を確認することです。また、即日審査で審査が緩いといった口コミが多い貸金業者については、警戒する必要があります。

特に利息制限法の上限金利ギリギリで融資を行う業者は、大手消費者金融の審査落ちをした人をターゲットにしており、高金利で融資を行います。

また、中にはダイレクトメールを送付してくる貸金業者もあるため、口コミなどにそのような情報があった際は利用を避けることがおすすめです。

キャッシングの利用を家族に知られたくない方は、貸金業者実態をしっかりと確認する必要があります。

キャッシングの即日融資とは?

キャッシングは生活費が足りなくなってしまったときに活用できます。即日融資が当たり前になっていますから、そんなに困ることはないでしょう。

とにかく、借りる、ということも資金が足りないときの一つの手であるといえるでしょう。お金が手に入ったらすぐに返済するようにしましょう。それこそが重要なポイントになることは確かでしょう。つまりは、すぐに返済することによって、利息があまり嵩まないようになります。

これも大事なポイントであるといえるでしょう。要するにローンとして借りるようなこともあります。つまりは、長い間の返済をすることもできるのです。リボルビング払い、ということも今では可能になっています。

最近では最初の一か月は無利息になることもありますから、それは上手く活用するとよいでしょう。焦ることはありませんから、ゆっくりと良い業者を見つけることです。キャッシングを提供しているところは意外と多くあるのです。。

お札の入れ方とタンス貯金の効果

財布の中にお札を入れる時、私は肖像画の顔が下に向くように入れていました。それは、上を向けるとお札の方向が外に向いてしまい、お金が逃げやすいと聞いたからです。

しかし、風水であったり世の中では私とは逆、肖像画の顔が上を向くように入れた方が良いという意見もあります。以前友人と議論を交わした中では、「諭吉(その他)が苦しいから上を向けないといけない」「恥ずかしがり屋だから下向きにしなければならない」等の意見があって、どちらもそれぞれ長所と短所がありました。

そこで、実際に私が占い師に尋ねた時の意見を紹介します。

占い師曰く、やはりお札は上向きにしなければならないようです。それはまさに友人が言っていたように「諭吉が苦しい」からだそうで、お金は常に空気の良いところに入れるのが基本だと言っていました。また、諭吉はプライドが高いから他の紙幣やレシート等と一緒に入れられていることを心底嫌がるのだそうで、そう信じている人の中には諭吉専用財布を持っている人もいるのだと言います。

よくタンス貯金をしている人がいますが、決して悪いことではないのですがどこに入れておくかが重要になるそうで、湿気の溜まりやすいところや空気に入れ替えができないところ、もやしが育つ環境やゴキブリが好む環境はお札には適していないようでした。

逆に風通りの良い清潔感のあるところであれば、風水的にもお金は貯まりやすいとのことです。でも難しいと思いませんか、人目に付かないところで尚且つ淀んだ感じもない清潔感の溢れるところ、模索した結果私が辿り着いたのは、カーテンの裏でした。

カーテンの裏に封筒を張り付けてお金を保管する、日当たりも良いし湿気も溜まらず、そして清潔感のある環境だと思ったのです。実際にカーテンの裏貯金を始めてからこれといった効果は得られていませんが、私はこの保管場所を信じて防犯に意識しながら貯金を目指していきます。

このページの先頭へ